【タイ旅行】TONGTARA RIVERVIEW HOTELレビュー&使わなかった持ち物紹介

<スポンサーリンク>

こんばんはだい📷旅しゃぶsummer🌺 (@sweetbean_tw) | Twitterです。
タイ・バンコク旅行から帰ってきてもう5日が経ってしまいました。
これから何回かに分けて、特に思い出に残っていることをブログで紹介していこうと思います。



まずは、今回泊まったホテルについて。
先に結論を言ってしまうとTONGTARA RIVERVIEW HOTEL、いいと思います!
理由は下記の3点。



部屋が広いし、最低限の設備は揃っている

今回はJTBのセールツアーを利用。
ホテルはDクラス、希望は言えないタイプのツアーです。


どうなるかな~?と思っていたら「あ~ここになったか~~~」のTONGTARA RIVERVIEW HOTEL。
ここ、ガイドブックに掲載されてないじゃないですか。
最寄りBTSの駅からも距離があるし。
(移動手段、私はタクシー、トゥクトゥクの二択でした。タクシーについてはまた後日書きますね)


大丈夫かなあ?とググってみると、私と同じようにJTBのセールツアーを利用した方のブログがいくつか出てきます。
それを読んで、期待はほぼ無しの状態でチェックインしたのですが・・・




部屋に入った瞬間「え、ここ、全然OKじゃない?!」といっきに気分がアガりました!

朝、夕方、夜・・・どの時間帯でもなかなかに良い眺め。

こっちは夜景。
後に書くアジアティークの観覧車も見えました。

f:id:GOUNN69:20190728084947j:plain




f:id:GOUNN69:20190727200507j:plain


ソファがふかふかじゃな~いとか、机がちょっとチープ・・・とか感じる人は感じるんでしょうが私は毎日朝早くに出かけて夜に帰ってくるという日程だったのでまったく問題なし。
ひとりでこんなに広いベッド・・・!
日本の我が家よりも数百倍リッチ♡


f:id:GOUNN69:20190727200503j:plain



リバーサイドだからか、ホテル内にはお魚モチーフが多いです。



f:id:GOUNN69:20190727200510j:plain



写してはいませんが、大きなバスタブもありました。
シャワーの水圧も問題なく、熱いお湯がちゃんと出ます。
暑いから熱いお湯なんか必要ないだろ!と思われるでしょうが、ホテル内は冷房がしっかり効いているので逆にお風呂ではあったまりたくなったんです。
部屋の冷房もしっかりめなので部屋着は長袖必須です。
私は薄いカットソーを持って行きましたが、それではちょっと身体が冷えたのでスウェットでもよかった。


トイレお尻シャワーを使っても良し、トイレットペーパーを使っても良し。
私はシャワーも使いましたが、大抵は紙を使用。
使用後の紙はゴミ箱へ捨てました。


洗面台も広めで毎日の洗濯に不自由なし。
洗った服はハンガーにかけてバスタブのカーテンレールに吊るして干せました。


f:id:GOUNN69:20190727200457j:plain



他のレビューブログを見た時に「宿泊中ゴミを捨ててくれなかった」というのも見かけたのですが、私は毎日外出する時にチップ(20B)を置いていったからか、ちゃんと処分してくれていました。

冷蔵庫には有料の水、コーラ、ビールが入っていて、飲んだらチェックアウト時にフロント清算。


朝食はビュッフェ式。
6時からレストランがオープンしています。
私はスケジュールの都合上、1回しか利用せずでした。


f:id:GOUNN69:20190727200515j:plain



アジアティークが徒歩圏内

もうひとつの良かった点は2012年にオープンしたアジアティーク・ザ・リバーフロントが徒歩10分以内にあること!!

www.thailandtravel.or.jp


バンコクに来たならナイトマーケットには行きたいじゃないですか。
他の有名どころまでは距離がある・・・が、アジアティークは歩いて行ける!
てことで、まるまるフリーデー3日間のうち2日行きました。


アジアティーク往復の道中もめちゃめちゃ夜中にならなければ危険!!て感じではなかったです。
(22時前には速足で帰路についたけど)


道中にも屋台が出ていたりセブンイレブンがあるので、何かと便利でした。


すぐ隣がマッサージ店

ホテルを出て(ホテルを背にして)すぐ右手にマッサージ屋さんがあります。
タイマッサージのほか、フットマッサージなどを受けられます。

せっかくだからタイマッセージを受けてみようと行った時の担当の方がとても雰囲気・技術の良い方で非っ常~~~に気持ち良く過ごせました。
例えるなら、夏休みの午後、クーラーではなく(私の子ども時代には部屋にクーラーなどなかった)扇風機をタイマーでかけて、おなかにタオルケットをのせてお昼寝する。
そんな気温感、うたたね感の中、ゆっくりじっくりマッサージを受けたのです。
ああ、この感覚、伝われ・・・!!


幸せが過ぎて、滞在最終日にもういちど体験しようとお店を訪れましたが、この時の担当さんはシフトに入っていなかったようで別の方に施術を受けました。
うん、マッサージも人によって全然違うね!!(とだけ言っておきます)


1時間200Bなので寝る前に身体をほぐしたいな~っていう気軽な気分ででかけられるからオススメです。
「タイマッサージ、1hour~」「OK~」という簡単なやりとりのみでさくっと受けられます^^




以上、TONGTARA RIVERVIEW HOTELについての感想でした◎



使わなかった持ち物紹介

最後に、持って行ったものほぼ使わなかった持ち物を紹介します。

持って行った荷物についてはこちら。

mongolia.hatenablog.com



まず、行きはキャリーも機内持ち込みにするつもりでいたのに、レンタルしたWi-Fiバッグを入れたら重量超過。
結局、機内預けになりました。

電源プラグとモバイルバッテリー

レンタルWi-Fiの中に装備として入っていたし、持って行った4つ口充電プラグを使えばそれすら使いませんでした。
コレ、よかったです。


最近タブレットの充電の減りが異常に早いので念のため持って行ったモバイルバッテリー。
結果、レンタル品だけで充分間に合った・・・。
どちらも重いものではないから「持ってこなければよかった」という後悔はありませんでしたが、無くてもよかった。

長めの首巻き

日焼け防止に、と思って持っていったけど雨季のタイでは巻けるもんじゃなかった。

汗拭きシート

元々こういうのをあまり使わないタイプでもあるんですが、絶えず汗をかいているので「もうえっか!」ってなりました。


あるとよかった物として最後に追記。

ワット・ポーとかアユタヤの寺院では問題ありませんでしたがバンコク市内のワット・プラケオは靴を履いていないと入場できなかったので、入場前に近所のお店で安いスニーカーを買いました。

寺院見物をする際、チェックが厳しい場所かどうかは事前にチェックしておいた方がよかったです。




それでは、今日はこのへんで。