【韓国映画】謗法:在此矣 感想

<スポンサーリンク>

『謗法(ほうぼう):在此矣』をVODで観たので、ふんわりとした感想をメモしておきたいと思います。

脚本はヨン・サンホ作家。
ドラマ版に引き続き、キム・ヨンワン監督作品。
キム・ヨンワン監督は最近だと、マ・ドンソク主演の『ファイティン!』を撮っている方です。






f:id:GOUNN69:20210905211122j:plain



映画単体で観ても「まったくわからん!」というわけではないけれど、ドラマ版は観ておくことをおすすめします。
ドラマに出てきたあの人、この人たちが3年の間になかなかいい関係になってるじゃな~い ⸜(๑’ᵕ’๑)⸝ とにこにこできます。
ドラマ版の人物相関図、見どころをまとめた記事はこちら。

mongolia.hatenablog.com



キョンシーに着想を得たという、新出クリーチャー「在此矣(ジェチャウィ)」は、今となってはすっかり見慣れた K- ゾンビとはひと味違った存在感で面白かった!
呪術によって操られている存在なので、無限に増幅するわけではなく、任務を完了したらその “生” が尽きる。
呪術によって操られている存在なので、ひたすら走って噛みに来るゾンビとは動きが違う。
韓国映画といえばのカーチェイスもやっちゃいます(めっちゃ笑った← 私はすごいものを見ると笑ってしまうタイプ)

でも、終盤でその「在此矣」たちが生まれた経緯を知ると、なんとも言えない気持ちになりました。。。



最初のうちから「この子、あやしくない?」と思わせられる女の子スタッフ(イ・ソル)がNETFLIXドラマ『Sweet Home』のウニョクお兄ちゃんになんとなく似たルックスで……ずっと目で追ってましたねㅎㅎ
『ディヴァイン・フューリー/使者』にも出演していたそうです。

f:id:GOUNN69:20210905211129j:plain



ヨン・サンホ作家がソジン(チョン・ジソ)のかっこいいカムバックエピソードを書きたかったと言っていた通り、今回のチョン・ジソちゃん本当に良かったです。
ドラマ版の時は高校生で、その若さゆえ尖った印象が強かったのですが、戻って来たソジンは表情が違ってた!
目にあたたかさが溢れてたㅠㅜ
呪者であることは変わりないんだけれど相手の思いも感じて、理解した上で倒す、みたいな(語彙力が足りません
ちゅぎょ!!


曼荼羅を描くソジンほか、オカルトチックなシーンもいい雰囲気。
展開もさくさく、総尺2時間以内(109分)。



その他、見どころがまとめられた韓国のレビュー記事を訳した記事はこちらをどうぞ。

mongolia.hatenablog.com



話題になっていたクッキー映像は観れないんだろうなぁㅠㅜ と思っていたらVODで販売されていた映像にもちゃんと入っていました!!
ありがとうございます~~~!!
本編に一切出てこなかったジュボンが最後の最後にふらっと出てきて、次回作への期待感を煽る煽る!!!
次回作はまたドラマで観れるのか?!
ドラマを観るか? 映画を観るか? で言うと、断然映画を観たい私なのですが、この作品はドラマでじわじわ観ていく方が面白いのかもしれない、とスピンオフ作品である本作を観て思いました。

mongolia.hatenablog.com




日本では配信があるのか?
いいニュースが聞けることを願っております。




このブログへの匿名メッセージはこちらから。
お返事はTwitter上でさせていただきます。
お気軽にどうぞ~。
marshmallow-qa.com