マ・ドンソクがまるでゴジラ!『無双の鉄拳』感想

<スポンサーリンク>

6月28日から公開されている、マブリー主演の『無双の鉄拳』を観てきました~♡
(※マブリー=マ・ドンソク×ラブリー 韓国での愛称です)

心斎橋でしかやってないと思ってたのですが、京都駅前T-Joyでも公開中と知った瞬間チケット即買いしてました。
京都から大阪に出るってけっこう腰が重くなるんで、京都でも話題の韓国映画をたくさん上映してほしいなぁと思う今日この頃です。


まだ公開中なのですごくざっくりとした感想だけアップします!


musou-tekken.com


マブリーの魅力がわかりやすく詰め込まれてる!

マ・ドンソクと言えば腕! 拳! 張り手!
銃器や刃物は使わない、とにかく、素手で勝負!
今回も敵をバンバン張り倒し、殴り飛ばしていきます。
(比喩ではなく物理的に)
クライマックスではまるでゴジラになってましたんで、そこはおおいに笑って欲しいシーンだなって思いましたㅋㅋㅋ


マ・ドンソクと言えば女性やこどもに弱い♡

今回は奥様に弱い、というキャラクター。
昔はブイブイ言わせていた“雄牛”だったのに、今では危険な世界から足を洗って奥様第一。
いつも儲け話に乗っかっては失敗。
奥様に「オッパ!!!」と睨まれ言葉もタジタジ。(可愛い)
そんな奥様が攫われたとなって、昔の“雄牛”モードに切り替わった瞬間・・・

キ タ コ レ !!!

あのシーンではファンの誰もがテンションぶち上がったはず。
このキタコレ感、味わってほしいです!


イカれたアクションシーンにぶち上がる!

敵役も「イカれてるぞ 何だよコイツは」って絶叫してるくらい、イカれたアクションシーンもいっぱいで楽しかったです!
うん、まぁ、予告動画でだいぶ出ちゃってはいるんですがね・・・。
クライマックスの超高速○○○運転は最高にアガりましたね。


中盤からのアジョシトリオ、最高じゃない?

f:id:GOUNN69:20190709215640p:plain
https://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000ZIEN9

最後に。
私個人的にこの映画の中ですごく良い味出してたのが、主役のマ・ドンソク含めてのアジョシトリオだと思ってるんですが。
警察の捜査は信用ならねえ!ってことで、カン・ドンチョル(マ・ドンソク)の相方チュンシク(パク・ジハン)は「人探しならクマの社長のところに行こう」と怪しげな興信所に向かいます。
そのクマの社長・コム(キム・ミンジェ)との3人トリオがものすごく良いバランスで、映画中でもコミカルみを出してくれてます。

頭脳派のコンに、ビビリだけど義理堅いチュンシク。
キャラもいいし、パク・ジハン、キム・ミンジェそれぞれが醸し出す雰囲気がめっちゃいい(語彙力
ふたりとも、有名映画にも出演してる実力派俳優さんです。
(プロフィールを見たら観たことのある出演作が何本もありました。観直したい)

エンドロールはめっちゃハッピーなので後味はよいかな。

久々に劇場で観たマブリー映画は、やっぱりめっちゃ楽しかったので夏公開の『守護教師』も観に行こうと思います。
(この邦題よ・・・)

syugo-kyosi.com



マブリー未体験の方に私のオススメ・マブリー映画♡

最後に、本作以外のマ・ドンソク出演作品で私が好きな作品を紹介して〆としたいと思います。
私はU-NEXTユーザーなので、U-NEXTで視聴できる作品を中心に紹介していきますね~。
(ポイントを使って視聴しないとならない作品もあるんですが・・・無料体験開始時に特典ポイントがもらえるのでそれを利用できます。amazonプライムとか通常のレンタルと比較してお得なサービスを使って観てみてください)

新 感染ファイナル・エクスプレス

このブログでも感想ポストをしていました!
私がマブリーを知ったきっかけとなった作品だし、韓国カルチャーにハマるきっかけになった映画です。
マ・ドンソク入門映画にぴったり!!!

mongolia.hatenablog.com


犯罪都市


男臭い映画です。
そんな中でも、犯人追って激走したら膝痛くなっちゃったとか、銭湯からあがって保湿クリーム塗りたいのに腕が太すぎて反対の腕に手が回らないとかいう可愛いシーンもあり。
少年との約束を守るために最後の最後まで戦うマ・ドンソクがとにかくかっこいい。
ラスト、宿敵のタイマンシーンがアツかったですわ~~~。
敵役のユン・ゲサンがとにかくエグいし怖いのでヴァイオレンス苦手な方は『ファイティン』をおすすめします。

ファイティン


マブリーの人生にも重なる映画。
見た目は怖いけどほんとは優しいマッチョ。
声をあげて応援したくなります。






強くて頼もしい熊さんを観てスカッとしつつ、萌えてください!