最近のSLOWLY LIFE

<スポンサーリンク>

海外の人と文通感覚でメール交換ができるアプリ「SLOWLY」を使い始めて、1年弱が経ちます。
現在、やり取りしているのは6人の韓国人。
ただ、毎日やり取りをしているわけではなく、ペースも以前に比べるとだいぶゆっくりしてきました。
続けてみて感じたこともあるので、今日はそのへんを書いていこうと思います。


f:id:GOUNN69:20200201112518j:plain


メールのやり取りの頻度

このアプリの最大の特徴は、手紙のようにゆっくりやり取りができることです。
飛行機でその国に行くのと同じくらいの時間をかけてメッセージが届くという感覚なので、韓国なら約3時間。
このアプリを使う人はそれがわかっているので、メールを見たらすぐに返信しなくても大丈夫という気持ちの余裕を持てます。

そんなこともあって忙しい週は返信するのに4、5日過ぎてしまうということもしばしばあります。
やり取りを続けていく中で「もっと早く返信をくれなくちゃ嫌だ!」と感じたであろう方からはいつしか返信が来なくなり自然消滅していきましたね。

複数人の方とやり取りしているので、メールが届くタイミングがかぶる時もありますし、ある人に返信したところで別の人からメールが到着ということもあります。
返信を書くのに時間がかからなそうであれば、通勤中にバスの中で作文して昼休みに返信。
まとめていっきに返信しようという時は週末に半日かけてぐわーっと書いて送りしています。


6人の韓国人

これまでやり取りをした方は、のべ人数で言うともっといます。
「人生の友だちになってほしい」と言ってくれていたけれどお仕事多忙で自然消滅した女性もいるし、すごく積極的にメールをくれたけど「スカイプID作ったよヘヘへ」っていう男性はヘヘヘがちょっと気持ち悪くて自然消滅させたし、やり取りを始めてみたからと言ってずっと続くわけではありません。

釜山の主婦さん

以前仕事で日本語を使っていたけれど今は使っていなくて忘れてしまうから、とメッセージをもらってやり取りを始めたけれど、お子さんが二人でいつも忙しそう。
「カトク教えてもらえたらすぐに返信できるんだけど」と提案してくれたのですが、そういうやり取りは今の私はしたくないので「私はSLOWLYでやり取りしたいからお返事がゆっくりになっても大丈夫」と返信。
自然消滅の予感。
メッセージは短めで、韓国語と日本語半々。

実際韓国で会った男性

去年の釜山旅行の際に実際にお会いした方。
彼とのやりとりがいちばん長いけれど年末から職場が変わったようで、めちゃくちゃ忙しいみたい。
でもなぜかインスタを見つけられてそこでコメントをくれたりもするので、やり取り自体はなくなってません。
アイコンでは女性に見えたから実際に会うのをOKしたんですが、当日声をかけられた時はびっくりしたなー。
「こういうアプリで実際に人に会うのは気をつけないとだめだよ」と彼に言われたんですが、本当にそうだと思うので、特に外国で会う提案をされたら性別・年齢・当日のスケジュールとかを確認して熟考され自己責任でお願いします。
やり取りはオール韓国語。

キャンプとどうでしょう大好き君

数年前に東京で仕事をしていた方で、お笑いとか水曜どうでしょうが好き。
韓国でホンダのミニバイクを乗ってます。
この方もSLOWLYをやり始めた頃から続いてます。
映画の感想とか(パラサイトについても去年教えてもらってた)、旅行のこととか、ペンスのこととかを気兼ねなく話せて、ブログの添削をお願いすることもあります。
この方とはほぼ日本語でやり取り。
ちょっとオタ気質な文面も好きです。

文学&ゲーム青年

読書が好きで司馬遼太郎作品にハマっているらしく、読んだ小説の解説、感想を韓国語で書いてきてくれた・・・! 
司馬先生がおいしく準備してくれた料理を自分はただおいしくいただいただけだ、と。
この評も昔、とある映画賞を受賞した時のファン・ジョンミンのスピーチから拝借したんだよ、とも教えてくれました。
こういう交流ですよ、私がアガるのは!
今は三国志を読んでいるらしい。
やり取りは韓国語多め、時々日本語。

オッパと呼んでくれおじさん

最近やり取りが始まった方。
早めのリタイアをされたようで、朝カフェでゆっくりして昼からぼちぼち仕事みたいな生活のよう。
だいぶ年上で、初回から「ぜひオッパと呼んでください」とリクエストをくださいました。
私は文面の雰囲気から「優しくて純粋な女性」と思われているみたい。
実際、毎回オッパと呼びかけていますが、日本に妹ができたみたいで嬉しいと好評です。
写真も趣味(ポートレイトも撮ってる)ので素敵な写真を送ってくれます。
日本旅行にもだいぶ来られてて日本語もちょっとできるけど韓国語でやり取り。

とにかく繋がりたいマン

HellotalkのDMでやり取りしたいと言ってきてくれた方。
メッセージのやり取りはゆっくりやりたいからSLOWLYでアカウント取って、と提案したところ本当に作ってくれたのでやり取りを始めました。
カトク感覚で「今日は何してんの?今日もがんばろう」とか「今日は家に引きこもってる」とかすごい短文メッセージをくれます。
それに対して数時間後、もしくは翌日に短文で返す感じ。
メッセージ自体が短いので割と気軽にやり取りできてて、これはこれでいいのかも。



「SLOWLYで語学の勉強ができる!」はちょっと違うかも

私も言語学習の一環として、外国の人とメッセージのやり取りをしてみよう、と始めました。

やり取りに出てきた言い回しを全てメモして覚えていけば学習材料にもなるのかもしれません。

実際はアプリを開いて電子辞書を片手に翻訳をノートに書いて返信の文章を作って・・・という流れで手一杯。
「この言い方は覚えておきたい!」というものはメモしたりはしていますが。
「あ、今回は辞書なしでけっこう内容わかる!」という時は、続けていれば少しずつ身になるんだなと実感もできます。


でも、韓国人の日常を垣間見れる文章が来た時とか、「この映画にはこんなエピソードがあったんだ~」とか「韓国では日本のこんな物が人気だったんだ」とかそういったカルチャー面での発見、韓国人の視点等の方が楽しいから続けているって感じ。


だから、私は「勉強のために」メッセージのやり取りはしてないかな。
実際、文章でおかしなところがあったら直してください、ってお互いに言って始めたとしても、多少不自然だなって感じてもスルーしてまずは返信です。
文法よりも話題のやり取り。
それに、私も相手の方も“先生”じゃない。
文章でおかしいところを教えてほしい場合はHellotalkとかHi native、もっと正確な指摘が欲しいならオンラインレッスンがあります。
会話や作文とは別のところですればええやん、と思います。


海外の方とのやり取りの場を作るという意味でSLOWLYは素敵なツール。
SLOWLYを使っている方の「こんなやり取りしてます」とか「こんな面白いことがあったよ」っていう事、知りたいです!

もしあればマシュマロください^^


ブログへの匿名メッセージはこちらから。
お返事はTwitter上でさせていただきます。
お気軽にどうぞ~。
marshmallow-qa.com




SNSでつぶやく毎日の韓国語

SNSでつぶやく毎日の韓国語