100億ウォン稼いだペンス、国会に呼ばれた理由は?

<スポンサーリンク>

気になるニュースを見つけました。
細かい用語は訳し方がよくわからなかったのでおおまかな訳になりました。



EBSの人気キャラクター「ペンス」が科学技術放送通信審議会 国政監査参考人に採択されました。
ペンスは来月15日午後、EBSのキム・ミョンジュン社長と共に出席し、与野党委員会からの質疑にこたえる予定です。

news.kbs.co.kr


ペンスはなぜ呼ばれたのか? “労働搾取を受けていないかの点検”

国会は23日、「姓名未詳のEBS ペンス演技者を参考人として採択した」と明らかにしました。
参考人選択を要請する国民の力(釜山市中区影島区)に所属するファンボスンヒ氏は「EBSがペンスのおかげで経営収支が大きく改善されたそうです」とし「ペンスがまともな待遇を受けているのか、劣悪な勤労環境の中で労働搾取を受けていないか点検しようとする」としています。
また、ペンスの他にも放送界では多くのキャラクターが活動していますが、労働環境と待遇改善の必要性を全般的に調べてみる予定です。


当初、国民の力はペンスを参考人ではなく「証人」として呼びましたが、与野党交渉の後に参考人として採択されました。
国会での証言・鑑定は法律に基づき、証人として採択される場合、偽証した時は処罰を受け、出席を拒否するなら同行命令が発布されます。
しかし、参考人はこの規定が適用されることはありません。
与野党の協議により、ペンスは身長が210cmにもなるペンギンの姿のままに国勢監査に出席します。



出席要求書、ペンス本人が直接受け取らねばならない

ペンスが放送のスケジュール上、やむをえず国会に来るのが難しいとか、EBSが難色を見せる場合、出席が霧散させることがあります。
しかしペンスが出席を確定するならば、国会は国勢監査が開始する7日までペンスに出席要求書を伝えねばなりません。

ペンスの出席要求書送達を担う国会関係者は「手続き上、必ず本人が受領しなければならない」とし「ペンスが直接要求書を受け取る事」を明らかにしています。
一方、国会チョ·ミョンヒ議員室(国民の力)によると、ペンスは昨年11月から今年7月までライセンス商品収入と広告モデル料等で101億3000ウォンを稼ぎました。

EBSは該当収入をペンス演技者と企画者に分配したとしながらも、収入配分内訳や1回あたりの出演料は営業機密上あきらかにできないと答えました。
ただし「契約内容はペンス演技当事者および演技者が雇った弁護士と十分な時間をかけて協議し、貢献度を最最大限協議した契約を締結した」と説明しました。


国会はペンスのほかにも、ナンシー·ウォーカー·グーグルコリア代表取締役、ネットフリックス·サービス·コリア代表などを証人として採択しました。


以上がニュース記事の内容でした。




ペンスは高級ツナ缶(賄賂)で労働させられようとした時も「受け取ったら言われるがままに働かなければならない」と頭を働かせて受け取らなかった賢い子。
それに嫌なことは嫌と言う性格なので、EBS内でもしっかり渡り合っていることでしょうが本当に本当に!ペンスはハードスケジュール過ぎるので過労死しないように守ってあげて欲しいですね。

f:id:GOUNN69:20200926145719p:plain

f:id:GOUNN69:20200926145726p:plain

f:id:GOUNN69:20200926145731p:plain

高級ツナ缶を食べたら一生懸命働かないといけないよね?
高級ツナ缶の陰に隠れた過酷な労働
僕はやらない!!!!
https://www.youtube.com/watch?v=eA6AMHFXofc&t=258s



国政監査とは

国会が毎年定期的に国政(行政)全般に対して監査する権限をいう。毎年、8~10月の間に行われる。略して국감(クッカム)ともいう。特定事案を不特定時期に調べるのは국정조사(国政調査、クッチョンチョサ)という。


www.weblio.jp


www.donga.com




このブログへの匿名メッセージはこちらから。
お返事はTwitter上でさせていただきます。
お気軽にどうぞ~。
marshmallow-qa.com