モガディシュ(Escape from Mogadishu) のク・ギョファン

<スポンサーリンク>

2021年の、この夏の、くぎょはすごいですぞ。
先日のSAMSUNGのショートムービー『君のためにドアを開けておくね』、7月は『キングダム』外伝の配信、そして劇場では『モガディシュ』封切り。
『モガディシュ』はポスタービジュアルには入っていないものの、名前はしっかり明記されています。
リュ・スンワン監督という点でも楽しみ!


: '모가디슈' 구교환의 변신 "위기 속에서도 유머 잃지 않는 매력 있어"

『モガディシュ』ク・ギョファンの変身 「危機の中でもユーモア失わない魅力がある」


映画『モガディシュ』(リュ・スンワン監督)で俳優ク・ギョファンが新たな変身を予告する。
『モガディシュ』は1991年、ソマリアの首都モガディシュ内戦により孤立した人々の生死をかけた脱出劇だ。


感覚的な演技で忠武路(チュンムロ)の話題をさらったク・ギョファンが『モガディシュ』に合流した。
ク・ギョファンは『なまず(메기)』『夢のジェイン(꿈의 제인)』など韓国独立映画界のスターとして注目を集めた俳優。
去年はヨン・サンホ監督の『新 感染半島(반도)』でソ大尉として活躍し、大衆に顔を知らしめた。
『モガディシュ』では北朝鮮大使館の安全を図る、忠誠心強く忠実な参事官テ・ジュンギを受け持ち活躍する。



f:id:GOUNN69:20210630071239j:plain



ク・ギョファンは「『モガディシュ』のシナリオを初めて読んですぐ、その場に座り直して最初のページから読み直した。映画で早く会いたい気持ちが強くなった映画」だと『モガディシュ』についての第一印象を明らかにした。


劇中、ク・ギョファンが演じるテ・ジュンギは北朝鮮大使を補佐しながら公館員たちの安全の責任を持つ国家安全保衛部所属の参事官。
ソマリア反軍の北朝鮮大使館襲撃後、生死の岐路におかれた公館員たちの脱出のために孤軍奮闘する。


ク・ギョファンは『モガディシュ』について「絶体絶命の危機の中でも希望とユーモアを忘れない魅力がある映画なので2021年の観客の皆さんにぴったりだと思う」と期待感を伝えた。


7月28日、韓国で封切り。




f:id:GOUNN69:20210630071243j:plain






このブログへの匿名メッセージはこちらから。
お返事はTwitter上でさせていただきます。
お気軽にどうぞ~。
marshmallow-qa.com