チベットを扱った映画―「クンドゥン」「ダライ・ラマ14世」「ルンタ」

<スポンサーリンク>

知らない場所を訪れる前には、土地のようす、国の歴史なんかを少しでも勉強してから行きたいもの。
そういうのはやっぱり映像を見るのが早いので、これから映画も見ていきたい。

クンドゥン

f:id:GOUNN69:20150517054129j:plain

マーティン・スコセッシ監督の、1997年の作品。
ツタヤでレンタルできます。

ダライ・ラマ14世の、インド亡命に至るまでの前半生を描いた伝記映画で、ダライ・ラマ14世自身がさまざまなアドバイスを提供。
出演者はダライ・ラマの甥の息子(!)が主役を演じて、母親役もダライ・ラマの実母の親族など、俳優としては素人の亡命チベット人が大多数をしめたそうです。
撮影は当初インド北部が予定されたが政治的理由から叶わず、チベット高原に見た目がよく似たモロッコで行われた。(この部分は映画を見てから知りました)
ダライ・ラマのお父さんが鳥葬されるシーンもあるのですが、実際はお父さんの遺志で火葬だったそうです。
やっぱりチベット=鳥葬のイメージが強いからかな?

終盤30分のところのシーンが視覚的にもイメージとしても強烈。

この映画を見るのは2度目だったけれど、今回はインド亡命の瞬間、いきなりぐっときた。
その後にくるイメージ描写にも・・・。

ダライ・ラマ14世

f:id:GOUNN69:20150517060605j:plain

これは今、いちばん見たい映画!
先日のライブビューイングを見て、ダライ・ラマ14世のお人柄に少しだけ触れられたような気がしたけどこの記事を読んで「なるほどー」・・・また楽しみになってきました。

京都シネマでは秋公開だそうです。

www.d14.jp

ルンタ

f:id:GOUNN69:20150517060827j:plain

時々ニュースでも見るチベット人の焼身抗議。
初めて見た時(もちろん今でも)、本当にショッキングなものでした。
チベットに行くなら目を背けてはいけない問題を、この映画で理解できたらと思います。
京都シネマでは、こちらも秋公開。

lung-ta.net