チベットを舞台にした漫画『流転のテルマ』

<スポンサーリンク>

 

「助けてくれ」。行方不明の兄からメールが届くと、大学生の徳丸は、父に頼まれて西チベットに旅立った。未知の土地で、徳丸は日本語のできる現地ガイド・ソナムを雇う。彼によると、兄が向かったのは外国人入域禁止エリアらしい‥‥。ガイドの中でもソナムしか知らないというその場所は、国境に程近い秘境。辿り着くにはただ歩くのみ。キッチンボーイのナムギャルを加え、徳丸たち男3人の、ひたすら歩く旅が始まった。

なんと!チベット語字幕付きの紹介動画もあります!

旅行の前にはできるだけ関連本を読んでおきたいなーとググっていたらすぐ出てきたのがこの漫画です。
チベットを舞台にしている漫画ってそんなにないと思う!
(単に今まで探そうと思わなかっただけなので実際どれくらい存在しているのかわかりませんが)
Kindle版もあり。
私はKindleで読んでいます。

世界の屋根が連なる高山地帯、民族衣装、風習、建築物、仏教、人々の習慣や文化・・・チベットってこんな雰囲気なんだろうなぁ~というのがとても伝わってくる絵です。
ところどころ手書きの文字もあって、そういうところから作者・蔵西さんのお人柄もちょっと感じられていいです!

チベットへの憧れが募るー!


蔵西さんのブログです。
コミティア参加されてたのか!
作家さんに会える&商業誌以外の本を買えるのはこういう即売会イベント。
今後もイベント参加されるのかな?
されるなら東京まででも行きたい!
既刊同人誌の通販は可能なのだろうか・・・と、問い合わせしちゃおうかな(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ